フリーダイヤル

不貞

不貞行為とは民法770条で「その意思にもとづいて配偶者以外の者と肉体関係をもつ場合をさす」と定義されている。どこからが浮気でどこからが不倫かというと個人の感覚でかなり差がでてしまうと思われるが、裁判上の離婚原因では肉体関係未満は含まれない。

又、1回限りの浮気や不倫「不貞行為」は民法770条2項の「裁判所は、右にあげた1号から4号までの理由がある時でも、一切の事情をみて、結婚を続けさ せた方が良いと考えるときは、離婚の請求を認めないでもよい」との理由から判例では1回限りの「不貞行為」で離婚を認めた例はない。

これは、「肉体関係未満は浮気・不倫(不貞行為)ではない」「1回限りの浮気・不倫(不貞行為)は許される」というわけではなく、裁判上の離婚原因として 認められる「不貞行為」とは「ある程度の継続性のある肉体関係を伴う男女の関係を指す」と裁判所が捉えていると考えられる。

では肉体関未満であれば、配偶者が異性とデートをしたり、食事や映画に行ったり、キスをしたり、という行為を行っていた場合許せるものであろうか?このような行為は法律上では不倫、不貞行為に該当しないのである。

またメールや電話もそうである。が事実上夫婦関係が破綻していない限り配偶者がこのような行為を行っているとしたら心情は穏やかでいられないはずだ。

頻繁にデートをしている様子なならば当然肉体関係があるはずと疑うであろうし、不貞の相手に対しても許しがたい感情で一杯になることだろう。だが、そう なったところで証拠がなければ、配偶者やその相手を責めることはできない。ではその証拠を自分で撮ることが簡単にできるであろうか?(不貞行為自体は密室 で行われるであろうからその行為の現場を押さえる事は不可能に近いと思われる。)

配偶の行動が怪しいと感じているならば、しっかりと証拠を撮ってくれる専門の機関へ相談することである。