フリーダイヤル

婚前契約書 – 離婚

みなさんは婚前契約書(プリナップ)というのをご存知でしょうか。
最近では某メジャーゴルフ選手の不倫・離婚騒動でもその存在が取りざたされていましたが、
要は結婚生活を夫婦間の契約と捉え、その運営にあたってのルールを取り決めた書類の事です。
これは企業間の取引時に用いられる契約書と同様に、契約(結婚)後にそれぞれが負う義務から財産の取り扱い、契約(結婚)破棄時の条件などを決めたものとなります。

契約という行為自体が相手への不信を表すものと捉えられがちな日本ではまだなかなか馴染みがないものですが、アメリカやヨーロッパではそんなに珍しいものではなく、中東圏ではごく当たり前のことです。

ただ日本でも最近は徐々にではありますがこの婚前契約が浸透してきています。
とくに国際結婚などの場合は相手は婚前契約を交わすことが当たり前といったことが多く、
その習慣の違いに戸惑いながらも契約書を作る、といったことも多いようです。

離婚というのはとにかくお互いに感情的になり、冷静な判断が出来ずにいたずらに時間と費用ばかりかさみ、双方に多大な精神的・肉体的ダメージを残すものです。
そんなときにあらかじめ婚前契約書などで離婚条件を決めていれば、多くの苦痛・無駄を回避することができます。

ま た結婚後のお互いの役割を結婚前にはっきりさせておくことは、円満な家庭生活を送っていく上でも重要なことになります。契約=不信の表れと一面的に捉える のではなく、結婚生活をうまくやっていくための保証と考え、婚前契約書の作成を行うのもひとつの手ではないでしょうか。