フリーダイヤル

三原市の探偵

三原市は広島県の南部に位置し、戦国時代、小早川氏が築いた「浮城」の異名を持つ三原城の城下町として栄えてきた町です。

今でも当時の面影が色濃く残り、城下町三原を感じさせてくれています。
2005年には広島空港の立地する豊田郡本郷町、御調郡久井町、賀茂郡大和町などとの合併によって、陸・海・空全ての主要交通がそろった都市となりました。

備後都市圏の中心のひとつとして一翼を担う都市でもあります。三原の名の由来は、旧三原市街地の後背にそびえる桜山などの谷間に、湧原、駒ヶ原、小 西原の3つの川の流れ出たところにできた平地である原があり、その3つの「ハラ」から「三原」と呼ばれるようになったとの説があるそうです。

三原の節分ではハロウィンのように子供たちが民家や店などを訪ね「鬼の豆ちょうだい」と言ってお菓子などをもらえる風習があるそうですよ。ちなみにこの風習は三原全体では無く市街付近のみだそうです。

三原といえばやっさ祭りです。8月第2日曜日を含む金・土・日の3日間開催される夏祭りでやっさ踊りを踊りながら多くの人々が街中を練り歩く。最終日には花火大会もあります。
花火大会といえば家族で見に行ったり、交際相手と見に行ったり、お友達同士で見に行ったりととても楽しいイベントですよね。けれど、探偵会社には『主人が不倫相手と一緒に花火大会に行くと思う。』というかなしいご相談がとても多いのです。

そういった不安や悩みを一人で抱えないで下さい。どうぞお気軽に当探偵会社へご相談下さい。