フリーダイヤル

庄原市での詐欺被害

庄原市(しょうばらし)は、日本の中国地方中部、広島県の北東部に位置する市です。 現在の庄原市は、2005年3月31日に、旧庄原市を初めとする7市町が新設合併して発足しました。

これにより行政区域の面積は、広島市や当時中国地方で最大を有していた三次市を越えました。2005年10月時点での、全国市町村ランキングでは第9位の 面積となりました。2009年12月末現在で 人口 41,155人(内 男性19,531 女性21,624) 世帯数 16,063 外国人登録者  319人 となっており、各界の著名人や、ある大物政治家兄弟の出身地として知る方も多いと思います。

特産品としては、「乳饅頭」「竹屋饅頭」「比婆牛」等が全国的にも名を知られてきており、最近ではコラーゲン入りでユニークなネーミングの「女子高生キム チ」をコンビニエンスストアで目にする事が多くなって来ました。名所としては帝釈峡等が有名であり多くの観光客を集めています。

農業が盛んな長閑なイメージがある庄原市でも全国的にも多発した「振込め詐欺」や「オレオレ詐欺」等の様々な詐欺被害の届けが多数報告されています。平成 20年中(庄原警察署HP参考)では2月から11月に掛けて8件もの被害報告があり、被害額は最低額で¥80,000-、最高額では ¥2,300,000―という高額な被害となっており、合計被害額は¥60,050,000―にも上っています。

年齢も高齢者に限らず、20代~70代で内7名が男性となっており、庄原市には純粋な男性が多いとよく耳にする事は本当なのかも知れませんね。男性被害者が多いという事から、連想するのはニュースでも連日放送されている、「女性詐欺師」の話題です。

2件の悪質な女性詐欺師は複数の男性をネットを通じて物色し、バーチャルの世界で言葉巧みに操り、金品を根こそぎ奪った挙句に殺害や自殺に追い込むという手口のものでした。

近年はネット社会になり、出会い系サイトや様々なサイトで気軽に何時でも誰とでも知り会える様になりました。

その結果、浮気や詐欺事件の被害に遭ってしまう確率も飛躍的に高くなってしまい、被害者の方からの相談、調査依頼も増加の一途を辿っております。

実際、私達探偵への相談の80%が浮気(男女関係)に関するものであり、近年その出会いの場として上位に上がってきているのが様々なサイト利用がきっかけと言うものであります。

「私の主人・彼氏に限って浮気なんて・・・」「私の息子・娘夫婦は円満だから・・・」と、これを読んで思っているあなた・・・病気も浮気も犯罪も初期対応で結果は天と地ほど違ってきます。

少しでも、気掛かりな事が脳裏を過ぎってしまった方・・・先ずは早期発見・早期対処の為に私達にお気軽にご相談頂き、お力になれれば大変嬉しく思います。