フリーダイヤル

家出捜索事例

相談者:男性(46歳)女性(44歳) 対象者:娘(18歳)

家出捜索事例イメージ写真「友達と遊びに行く」と言いのこして、突然家を出てしまい、それ以来帰ってこなくなった…、既に3日間も連絡がつかない。警察には捜索願いも出したのだが、今までの娘の交友関係思うと心配で堪らないので、一刻も早く探し出してほしい、というご両親からの相談でした。
交遊関係、勤務先、対象者の年齢、名前などをご両親から伺い、まずは捜索会議で娘さんの行動分析をすることから始めました。
家出をした人の捜索としては、まず直前の行動、あるいは何か残して行った手がかりなどからその後の行動を調べ、なるべく早い段階から調査をはじめることが早期の解決につながります。娘さんは頻繁に友人とメールを交わしていることから、手始めに携帯から調査していくことにしました。
すると娘さんは、日ごろからメールのやり取りを数人の男友達と交わしており、特にその中の1人にかなりの頻度でメールを送信していたことがわかりました。早速、この男性の身元について調査をし、その後繁華街で、二人で一緒にいるところを見つけ出しました。
男性とは出会い系サイトで知り合ったようで、娘さんは特に深い事は考えていなかった、ただ家に居たくなかったとのことでした。ご両親は最初は怒っておられたようでしたが、やはり無事発見されて安堵していたご様子でした。
大きな事件になる前に発見できてよかった事例ですが、こういった十代の未成年者の家出は年々増加の一途をたどっています。