フリーダイヤル

いたずら対策事例

相談者:男性(35歳)

いたずら対策事例イメージ写真自営業の方の相談で、内容は従業員用の駐車場に車を停めている間に、何度も車に傷をつけられるとのこと。
最初は近所の子供のいたずらだろうと考え、なにも対策を取ってなかったが、日に日に回数が増え、このまま車を傷つけられるままにしているのは問題だと、相談にお見えになりました。
詳細を伺うと、傷をつけられているのは概ね午前中で、平日、土日祝日問わずということで、犯人は仕事をしている人間ではなさそうでした。
また、従業員用の駐車場は店の裏側の人気の少ない地域ということで、通りがかりの犯行ではなく、持ち主を知った上での犯行だと思われました。
誰が犯人なのか見当もつかず、原因にも思い当たることがなのにこのような危害を加えられるのは気持ちがわるく、なんらかの憎みが原因ではと考えると落ち着かないものです。
調査会議から1週間程監視カメラでの撮影、それに加え午前中は調査員も張り込むという体制で調査がはじまりました。
調査を始めて4日目、犯行の現場をカメラで押さえることができました。調査員がすぐに犯人を尾行すると、6軒先の瀟洒な家の住人でした。
すぐに相談者に状況を報告書として提出したところ、この犯人は相談者の洋菓子店の元のオーナーだったということでした。歳をとって仕事が出来なくなり、店を手放す事になったのですが、辞める前から従業員の中で評判はあまり芳しくなかった人物だったということでした。
結局は自分が辞めた後の店が繁盛していることをうらやんでの犯行でした。この例のようないたずら、嫌がらせは、身近にいる人が犯人だったという結果が多く、犯行の動機も意外なことで、いたずらされる方は全く身に覚えがないことがよくあります。
相談者は証拠を元に、二度としないという誓約書と、車の修理代を前のオーナーに請求し、最終的に被害は止みました。