フリーダイヤル

いたずら対策

家の前に生ごみを撒かれるようになった

いたずら対策イメージ写真嫌がらせやいたずらで恐いのは、誰がいたずらを行なっているかハッキリとわからないことです。このような行為を止めさせるためには、まず証拠を抑えなくてはなりません。ですが、いたずらや嫌がらせのような行為は、その性質上、夜間や早朝にこっそりと人目を忍んで行なわれる場合がほとんどです。嫌がらせやいたずらの現場を押さえるためには、犯人に気づかれないように調査をおこなうことが必要です。ですが、深夜や早朝などに常に監視しつづけて証拠を抑えなければなりません。

悪質な嫌がらせ・いたずらには証拠を取って対抗する

犯人に心当たりがある、誰が犯行を繰り返しているのかわかっている、という場合でも、結局のところ具体的な証拠をとらない限りは周りにもその事を納得してもらえません。また、証拠がないのに相手を犯人だと決めつけ、周囲に吹聴すると、最悪の場合は名誉棄損などで訴えられ、逆にこちらが加害者の立場に立たされてしまう事にもなりかねません。
ですが、いやがらせ・いたずらの証拠を取っていれば、このような事態も避けることができます。憶測ではなく、明白な証拠をもって犯人を特定すれば、相手も認めざるを得なくなります。いやがらせやいたずらのケースによって取得すべき証拠が異なりますので、まずはプロの専門相談員にご相談のうえ、どのように証拠をとるべきかをご確認下さい。

嫌がらせ・いたずらのエスカレートを防ぐ

一般的に、嫌がらせやいたずらは、些細ないたずらから始まりだんだんエスカレートしていく傾向があります。最初は玄関前にゴミを捨てる、散らかすだけという行為だったのが、段々と車や自転車へ傷をつける行為に、そして最終的には家や住人への直接的危害といったように悪化していくこともよくあります。
ことが大きくなると、収拾が大変になり、対応するために多くの時間が必要になるため、早め早めの対処を行うことが重要です。