フリーダイヤル

結婚調査事例

相談者:男性(58歳) 対象者:娘の婚約者(27歳)

結婚調査事例イメージ写真自分たちが手塩にかけた娘(25歳)が5年の交際期間を経たのちにめでたく婚約するはこびになられたそうです。はじめて会った相手は好印象だった為、とてもホッとし、妻共々心から祝福していたそうです。
しかし、婚約後しばらくして娘の様子がいつもと違うようになり、何か心配がありそうな様子でじっとふさぎ込む事が増えた。何か婚約者に問題があったのでは、と相談にお見えになったそうです。
相手の方のお名前や住所、働き先などはわかりますので、仕事場での評判や勤務後の行動、友人関係を中心に調査をはじめました。
勤務先での調査では、本人のいたって真面目な仕事ぶり、また友人関係においても後輩の世話をするできた先輩として信頼されているようで、悪い評判はありませんでした。
しかしその反面、勤務後はパチンコに興じている日が週に3、4日はあることがわかりました。さらに調べると、婚約者である娘さんと会う時以外の時間は、ほぼギャンブルに興じている事がわかりました。
すぐに調査結果をまとめた報告書を依頼者に渡し、それを元に依頼者がお嬢様に問いただすと、婚約した直後から結婚するのだから金銭を貸してほしいと迫られていると告白されたそうです。
他の人にも借金をしている可能性もあり、このまま結婚することはできないということで、報告後、婚約は白紙に戻されたようです。ご両親からは、結婚前に相手の問題を明らかにすることができ、トラブルを防ぐことができてよかったとお礼の言葉がありました。